ついに登場!”ちょうどいい”定番ショーツ!!! 

ついに登場!タイト過ぎず、ゆったり過ぎず、”ちょうどいい”定番ショーツ!!!

1970年代、アメリカで”ストーンマスター”と呼ばれ、ヨセミテロッククライミングをリードしてきた一人のロッククライマー、マイクグラハム氏が
当時のクライミングウエアでは満足できず、独自の手法で機能性に富んだウエアづくりに着手し、1982年にカリフォルニアの小さな倉庫で立ち上げたブランド。

「グラミチ」の製品染めかつ着晒し感のある製品、グラミチパンツとグラミチショーツは伝説的なものとなり、
それらには独特の機能性、180度自然な開脚を可能にした「ガゼットクロッチ」や片手で簡単に調節できる「Webbing ウェービングベルト」など、クライミングウェアから生まれた機能を搭載。

これら「グラミチ」を代表するパンツは、クライミングパンツの代名詞的存在として、たちまち全米に広がり、日本国内でも爆発的な人気に。

さらに「グラミチ」はアウトドアへの情熱を表現した個性的キャラクター「ランニングマン」がブランドのアイコンとなり、クライマーのみならず、ファッション感度の高い層の絶大なる支持を得ています。

そんなGRAMICCIから満を持して登場したのがST SHORTS(STショーツ)。

今までのGRAMICCIの定番ショーツと言えば、ご存じNNショーツとG(グラミチ)ショーツ。
NNショーツは太もものラインに沿う様にテーパードが入ったかなりタイトなシルエット。
対してGショーツは太めのゆったりとしたシルエットがなんともカジュアルな雰囲気。
そんな2つの大定番ショーツの良いとこどりをしたのが、このSTショーツなんです。

このSTショーツの”ちょうどいい”これだけではありません。
丈が少し長めなんです。

だから、今まではショーツはなんだかちょっと穿きづらいと思っていた方にもオススメです。
あと、女性スタッフ目線でいくと、男性のショーツはこれくらいの丈がカッコいいそうなので、女性の目が気になる方にもオススメです。

使用した生地はコットンにポリウレタンを少し混合させた生地。
ストレッチが効いているので、動きやすく、ストレスフリー。
毎日でも穿きたくなるデイリーショーツ。

もちろん、GRAMICCIならではのガゼットクロッチやウェービングベルトはそのまま。

GRAMICCIの中でも注目度は断トツ。
それは、今までの経験や蓄積されたデータが生み出した極上ショーツ。
STショーツなしにGRANMICCIは語れません!!

The following two tabs change content below.
kai
MOONLOIDの店長kaiです! 寒いのが苦手なので、冬は防寒しながら楽しんでいます。 質の良いシンプルな服とビビッドな小物の組み合わせが大好きです! あと、お寿司がものすごく好きです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA