「普通の」毎日でも穿ける定番パンツは、この別注シリーズが初めてです

間違いない。MOONLOIDが定番として自信を持っておススメできるのは、このパンツ。

今まで、MOONLOIDが季節を問わず、トップスを選ばず、毎日穿ける定番パンツとしておススメしたものは1本としてありませんでした。
もちろん、数々のパンツを取り扱わせて頂いて、数々の別注もさせて頂き、また取り扱うからには
心からおススメできるものだけに絞ってきました。

それでも、自分たちの考えを丸ごと形にして、しかも「普通の」毎日でも穿ける定番パンツは、この別注シリーズが初めてです。

なぜ、定番のパンツが一番時間がかかったかというと、どうしてもこだわりが出てしまうから。
例えば、季節もののパンツだったり、変わった機能素材を使ったものであれば、それがそのままおススメできるポイントになったりします。
でも、こういう定番パンツは、よくも悪くも「普通」でなければならない。

実は、定番パンツはずっと前から最も作りたかったものの一つでした。
ところが、この「普通」であることと、拘りポイントのバランスに悩みに悩んで、ものすごく時間がかかってしまった。
そんな経緯で、やっと出来上がったのがこのパンツなんです。

今回、この理想のパンツを形にするためにお願いしたのがCORONA(コロナ)。
もともとヴィンテージのパンツをベースにしたパンツに定評のあるCORONAは、まさに理想的でした。
CORONAの製品は、ただ日本で作っているのではなく、日本の技術と丁寧で繊細なものづくりが必要な製品であることが特長。
日本製だから良いもの。というのではなく、この製品は日本で作る必要があるから日本で作っている。
そんなスタンスが製品から伝わってくるのがCORONAなんです。

時は1950~1960年の過渡期。
もし、CORONA(コロナ)というブランドが米軍にパンツを供給していたとしたら。
そしてそのCORONAが民間品として、50年代以前にストックされた部品を使用しながらパンツを作ったとしたら。

本物のヴィンテージではないからこそできること。
コンセプトは妄想を膨らませたそんなストーリー。

1番こだわったポイントは、ずばり、コの字留め。
フロントジッパーの上にある、カタカナのコの様な形をの小さな小さな留め具です。
興味の無い方からすると、なぜそこにこだわるのか、何が良いのか全く意味が分からないであろうこのコの字留め。
1930年代から50年初期にかけて使われていたこのディテール、古着好き・ヴィンテージ好きからすると
ジッパーの留め具がコの字留めかどうかはとっても重要なポイント。
どんなにサイズ感や形が好みでも、コの字留めを使っているか否かで大きくテンションが変わってしまうほどなんです。

さらに、ジッパーの素材は真鍮製。
メッキとは違い、穿きこむほどに経年変化が楽しめる素材です。
使用したバックサテンという生地も、穿きこむうちにキレイなパッカリングが出てくる素材。

このパンツ、買った時、新品の状態が最高ではありません。
新品の状態はいわば原石。
穿きこむうちに、その人の手によって変化や味わいが生まれ、最高のパンツへと育っていくんです。

そして、もう1つのこだわりはシルエット。
どちらかというと太めのシルエットで野暮ったくなりがちなカーゴパンツに思いっきりテーパードをきかせています。
丈は9分丈程度の短め丈。
このボリューム感なら、どんなボトムにも合わせやすく、理想の「普通」のパンツとして穿けるのではないかと感じています。
ぜひ、主役というより、カーゴパンツを毎日でも穿ける定番パンツとしてお楽しみください。

サイズ展開はXXS~Lサイズの5サイズ。
XXS~XSサイズはレディース向け、S~Lサイズはメンズ向けです。

The following two tabs change content below.
kai
MOONLOIDの店長kaiです! 寒いのが苦手なので、冬は防寒しながら楽しんでいます。 質の良いシンプルな服とビビッドな小物の組み合わせが大好きです! あと、お寿司がものすごく好きです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA