アメリカTシャツのススメ。

こんにちは!kaiです!

Tシャツのコーナーに行くと、よく目にするのが「made in U.S.A」の文字。
大抵アメリカ製のものは価格も高かったりするのですが、アメリカ製だから何なのさ!と思ったことはありませんか?
あえて辛口で表現するなら、着る人にメリットが無ければ、わざわざコストがかかるアメリカで作る必要は全くありません。
なのに、なぜアメリカ製のTシャツの人気が高いかというと、それは着る方にとって確かなメリットがあるからなのです!

それは、アメリカコットンの風合い。
アメリカコットンで織られている生地は、サラリとしたドライな質感。
いやいや、そんなのどこの国のコットンでも同じでしょ!と思う方もいるかもしれません・・・。
ところが、実際にこのドライな質感はアメリカ製以外ではどうしても表現することができないんです。

次に、アメリカ製ならではの縫製について、ちょこっとだけ語りたいと思います!
アメリカ製のものって、基本的に少し価格が高い印象がありますよね。
その大きな理由の1つが、アメリカの物価や人件費が高いからです。

えー!じゃあ別にアメリカ製じゃなくても良いじゃん!というと、ちょっと違うんです。

アメリカ製のものって、基本的に丈夫に縫製しているものが多い気がします。
裁判大国だからなのか、壊れにくい頑丈なものが多いイメージです。

その代わり、見た目がキレイかというと、いい意味で雑だったりする。
ただ、この雑さが個性というか、なんとも言えない味となって表れてくる訳なんです。

だから、縫製が少し曲がってたり、少し重なってたりするのは味!それよりも、この武骨な感じと頑丈さ、ドライな質感がたまらない!そんな方にはアメリカ製が断然オススメです。
反対に、縫製は絶対にまっすぐ均一でないと嫌!やっぱり見た目の丁寧さが伝わるものが良い!と言う方はアメリカ製よりも日本製とか中国製の方が合っている気がします。

前置きがながーくなってしまいましたが、言いたいことはコレです!

アメリカ製なのに1枚2,800円+tax、2枚で5,000円+tax。
しかも肉厚で、まさかのサイドに縫い目がないホールガーメント(丸胴)のポケTEEがありますよー!!!

それがコチラ!

しかも!

お察しの通り、これだけではありません。

なんと、MOONLOID別注のスペシャルモデルなので、サングラスが刺せる貫通ポケット付き!

ポケットの端に、底が無い細いポケットが!!!

ドン!!!

この貫通ポケットがあるのと無いのでは大違い!!!

サングラスを使う場面って、例えばフェスとかアウトドアとか、バッグを持っていてもコンパクトなものが多かったりしませんか。
そうすると、わざわざ眼鏡ケースなんて持ち歩いていないし、ちょっとサングラスを外したいときに困ってしまいます。
そんな時にものすごーく便利なのが、この貫通ポケットという訳なんです。

唯一残念なことは、この最強コスパのアメリカのファクトリーブランドPRO-TAG(プロタグ)が本国での生産を終了しているため、再生産の見込みがないこと。
在庫限りなので、気になる方はお急ぎください!

サイズ感はアメリカ製らしく少し大きめのサイズ感で、SサイズとMサイズの2種類。
ちなみに、164cm 53kgの私が着ると、Sサイズでジャスト~少し余裕のあるサイズ感、Mサイズでたっぷり余裕のあるサイズ感になります。
私の場合は、色んな着方を楽しみたいので、どちらのサイズも買っちゃいました!

他のアメリカ製のTシャツと同じ様にお湯で洗ったり乾燥機にかけたりすると、大きく縮むので気を付けてくださいね!
反対に、ちょっと大きすぎるという方はあえて洗って縮ませたりする方もいらっしゃいますよー!

それでは!おやすみなさーい!

The following two tabs change content below.
kai
MOONLOIDの店長kaiです! 寒いのが苦手なので、冬は防寒しながら楽しんでいます。 質の良いシンプルな服とビビッドな小物の組み合わせが大好きです! あと、お寿司がものすごく好きです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA