ダウンウェアのキルトの色々

ご無沙汰しております!kaiです!

今日は、ダウンウェアのキルトで珍しいものをご紹介したいと思います。

そもそも、キルトは中に充填しているダウンが重力で下に溜まったり、偏ったりしない様に入れているステッチのこと。
最近では表にキルトを出さないものも増えてきましたが、これは熱圧着だったりキルトの上から生地をもう1枚被せているためです。

ただ、あの定番の横方向に並んだキルトもダウンウェアらしくて良いんですよね!
個人的にはダウンらしいダウン、大好物です・・・!

さて、そんな中、今回ご紹介するのは「縦キルト」。

通常は横方向に並んでいるところ、縦方向に並んでいるのが縦キルトなのですが、これがちょっと面白いんです。

注目すべきはその「伸縮性」。
ダウンウェアによく使われているナイロン地に伸縮性はありません。
もちろん、最近では伸縮する特殊なナイロン地も開発されているけれど、他の素材と比べるとまだまだ伸縮性が高いとは言えないのが実情。
そんなナイロン地のダウンウェアに全く違った視点から伸縮性を持たせたのが、この縦キルト。

縦キルトと伸縮性を結ぶキーワードは「アコーディオン効果」。
通常時はダウンが膨らんでいる状態なので、ステッチの感覚が狭く厚みも最大。
その分、身幅は最小。
そして、それを横方向に引っ張ると、ダウンの空気層が横に伸びて変形し、身幅がググっとっと伸びるんです!
これが、アコーディオン効果です。

>> GIF画像はコチラ <<

ただ、アコーディオン効果を発揮するためには、もう1つ大事な条件があります。
それは、ダウンがたっぷりと空気層を含んでいること。
だからFP(フィルパワー)が高い質の良いダウンでなければいけません。

このアコーディオン効果を持っているからこそ、薄手のインナーの時も厚手のインナーの時も着回しが効く。
それだけでなく、動きやすいから着心地も良いし、ちょっとくらい食べ過ぎても大丈夫!
それに、薄手のインナーでも厚手のインナーでも幅広く楽しむことができます。
結構スゴイ効果なんです。

当店でも縦キルトを採用したインナーダウンを取り扱っています!
ぜひ、ご覧ください!

The following two tabs change content below.
kai
MOONLOIDの店長kaiです! 寒いのが苦手なので、冬は防寒しながら楽しんでいます。 質の良いシンプルな服とビビッドな小物の組み合わせが大好きです! あと、お寿司がものすごく好きです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA