美しいデニム【618 ORIGINAL】

こんにちは!
MOONLOIDショップスタッフのタケチです!

今回はANATOMICAのジーンズコレクションの原点ともいえる618 ORIGINALを紹介したいと思います!

1994年パリにてピエール氏によってスタートした【ANATOMICA(アナトミカ) PARIS】。
当時ANATOMICAの常連客であり、ビンテージコレクターでもある、日本のアパレル・デザイナー寺本欣児氏が着用していた”サイドシームが全くない”1枚布で作られたジーンズに心を奪われたピエール氏。
そんな2人の運命的な出会いを経てANATOMICA JAPANスタート第一弾が618 ORIGINAL

このデニム見て頂いておわかりの通り、めちゃくちゃシルエットが綺麗でかっこいい!!
というのも、商品名にもある“618”とはパルテノン神殿やゼウス像、レオナルド・ダ・ヴィンチの円の中の人体図に利用されている黄金比が由来。
この黄金比を目指し修正を繰り返して完成したジーンズが【618 ORIGINAL】

冒頭でもお伝えした通り、618 ORIGINAL最大の特徴でもあるサイドシームの無いこのディティールは、USNAVY(アメリカ海軍)の作業用パンツをイメージしており、股上深めのストレートシルエットに加えて、脇に縫い目がない事で、見事なまでにより綺麗なシルエットにしてくれるのです。

生地も50年代のLeeの101Zモデル等にある左綾のデニムを使用しているので、
この美しいシルエットに光沢感がありフラットな生地、
馴染みやすく綺麗なシルエットも崩れにくいのも魅力のひとつです。

そしてもうひとつ、デニムの魅力と言えば色が落ちた時の表情の変化。

履きこんだ後の全く同じ618オリジナルがこちら

左綾のデニムならではの全体に出てくるキレイな線落ちがたまりません!

アナトミカのこだわりはこれだけでは終わりません。

バックポケットには手間のかかる隠しリベットも、丁寧に再現。

バックポケット内部に再現されたユニオンチケットとANATOMICAのネームタグ。
そして、Aと焼印したレザーパッチは、ANATOMICA#618の象徴。

これだけ拘ってセルビッチが付いていない点も、良い意味でヴィンテージ特有の野暮ったさもなく、一見してシンプルでクラシカルなデニムなのにエレガントさも感じられるバランスはさすがアナトミカならでは。

さらにMOONLOIDの別注モデルでは丈を30インチに裾上げ済なので、こだわりでもある裾のチェーンステッチもそのままに、特別丈を気にせず購入後すぐにジャストサイズで履けてしまうんです!

これでもかというほどの魅力たっぷりの618オリジナル。

自信をもっておススメします!!

メール・お電話でご連絡いただけると、オススメサイズをご案内します!

▼ご連絡はコチラから▼

moonloid.jp
【web shop】
https://www.moonloid-store.jp/

【MOONLOID 当麻SHOP】
〒078-1316
北海道上川郡当麻町6条東4丁目1-7
📞0166-58-8008
✉moon@moonloid.jp

営業時間 11:00-18:00
定休日 水木曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA