【最高の自己満足】Dr.Vranjes Firenze(ドット―ル ヴラニエス フィレンツェ)

はじめまして!ショップスタッフのタケチです!
今回はMOONLOIDでも長年愛用している【Dr. Vranjes Firenze】のご紹介です!

メイド・イン・フィレンツェに拘った至高のフレグランス

1983年、イタリアはフィレンツェでスタートしたDr.Vranjes Firenze(ドット―ル ヴラニエス フィレンツェ)。

入念に抽出された最高品質のエッセンシャルオイルを使用し、調香師Dr. Paolo Vranjes (パオロ・ヴラニエス)の香りへの情熱、鋭い感性や豊かな感受性、そして人生観が溢れています。

ボトルやパッケージ、全てフィレンツェで作る事に拘り、その特徴的なボトルもフィレンツェのシンボルであるサンタ・マリア・デルフィオーレ大聖堂をモチーフに。

イタリアでも特にこだわりを強くもつフィレンツェのラボで職人の手により丁寧に作られ、ただのフレグランスとしてではなく洗練されたインテリアとしても非の打ち所がないのです!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 275334279_489434692709536_7313446084865320385_n.jpg

香りによって蘇る記憶ほど、感情を揺さぶるものはない

香水コレクターであった祖父の書斎で過ごす時間が、パオロ・ヴラニエスにとっての香りへの情熱を抱く原体験となります。

ドットールヴラニエスフィレンツェのフレグランスはそんなパオロ・ヴラニエス自身の幼少の記憶や体験、日常生活で感じる情緒からインスピレーションされ、香りによってみごとに表現されているんです。

そのフレグランスの名前も【ジンジャー&ライム】【オレンジ&グレープ】【ザクロ&ミント】といったものから
【空気】【西】【火】【大地】といった他には無い特徴的なものまで。
そのひとつひとつの香り全てにストーリーがあり、香りや見た目だけでなく他のフレグランスには無い特別な思いが込められているんです。

正直ここまで拘りや思いを込められたフレグランスを僕は知りません。

今やひとえにフレグランスと言っても世の中にはたくさん溢れており、身近な分ドットールヴラニエスのフレグランスは匂いでその時の情景や感情を鮮明に思い出させてくれる様に、香りとは本来身近にありながらもこんなにも感情を揺さぶられるものなんだと改めて感動を覚えるほど。

是非ともMOONLOIDへお越しの際はその香りに触れてみてください。

次回は、そんな僕が数ある至高のフレグランスの中からベタ惚れしてしまった香りをご紹介させて頂きます。

 

▼ご連絡はコチラから▼

moonloid.jp
【web shop】
https://www.moonloid-store.jp/

【MOONLOID 当麻SHOP】
〒078-1316
北海道上川郡当麻町6条東4丁目1-7
📞0166-58-8008
✉moon@moonloid.jp

営業時間 11:00-18:00
定休日 水木曜日

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA