【LENO】というブランド part 1

こんにちは
ショップスタッフのタケチです!

我々ムーンロイドのスタッフも愛用し、
当店でも男女問わず根強く人気を博しているLENO
今回はそんなLENOを改めてちょこっとだけ深堀してご紹介したいと思います!!

2015年原宿で誕生したLENO。
カタヒジはらず、良いものを長く、そしていつの時代でも長く愛用出来るをテーマにアイテムを展開しているブランド。

そんなLENOのモノづくりはというとデザインソースをヴィンテージから基づき
そのディテール一つを取ってみても時代背景や製造の過程までも読み解き
かなり深く掘り下げて作られているんです。

そしてなにより、LENOがこだわり、魅力となのは
ただヴィンテージを模しているだけではないというところ!!
ふんだんにヴィンテージを踏襲しながらも、独自の視点でサイジングやディテールを時代にフィットするモノへと変えてしまう。

とっても個人的な見解ではありますが・・・笑
僕自身「ヴィンテージ」と聞くと、一見して思い浮かぶのは「男性が好む物」「無骨」「かっこいい」
というイメージがあります。
ビンテージを元にしているブランドは、メンズブランドが多い中で
LENOはユニセックス提案のアイテムも多く展開されています。

LENOのアイテムを手にするとまず感じるのは
(表現が難しいのですが・・・)いい意味で「無骨さ」から遠ざかった、現代的でかっこいいというべきでしょうか。
しかしディテールの細部を見るとそのこだわりが詰め込まれているんです。

こちらのショートフーデッドコートもまさにそう。
ベースは、US ARMYの軍用パーカなのですが・・・
ミリタリー特有のディテールを踏襲しながらも一切野暮ったさを感じません。

例えば、フロントのファスナーには高級ファスナーでもあるririを使用。

軍用パーカーをベースにしながらも、
マッドな質感の生地にまるでアクセサリーの様に輝くファスナー。

個人的にもこの絶妙なバランスがLENOの魅力のひとつとも言えるのではないでしょうか!

と、このまま語ってしまうととても長くなりそうなので・・・

次回はさらにアイテムを紹介しながら
よりLENOの魅力に迫ってみたいと思います!!

part2へ続く

 

▼ご連絡はコチラから▼

moonloid.jp
【web shop】
https://www.moonloid-store.jp/

【インスタアカウント】

@moonloid_
@moonloid_shop

【MOONLOID 当麻SHOP】
〒078-1316
北海道上川郡当麻町6条東4丁目1-7
📞0166-58-8008
✉moon@moonloid.jp

営業時間 11:00-18:00
定休日 水木曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA