【LENO】というブランド part 2

前回ざっくりとLENOというブランドを紹介しました(【LENO】というブランドPART1)


今回は実際にアイテムをいくつかご紹介しながらお話したいと思います!!

では、さっそく!
まずは僕が着用しているこのデニムのセットアップ。
こちらもヴィンテージライクなディテールがふんだんに組み込まれているんです。

生地は旧志位織機で織られたLENOオリジナルのセルビッチデニム。
昔の織り機特有のほつれを防ぐために付けられたヴィンテージのデニムに見られるいわゆる「赤耳」と言われる部分のこと。

そして後ろ身頃を見てみると
ビンテージでいう1stの特徴でもある腰のシンチバックルに、希少とされる3枚のパーツからなる通称「Tバック」。
織り幅の狭い当時の織機ではビッグサイズのジャケットを1枚で織る事が出来なかった為に繋ぎ合わせたディテール。

生産効率だけを考えてみれば現代ではとても手間のかかる作業。

もちろんこだわりはそれだけではなく、ヴィンテージデニムを代表するディテール
隠しリベットやチェーンステッチ、
ステッチの色、レザーパッチなど
いかにも男性が好みそうなディテールの数々。

僕のような男性目線でいうとまさに「かっこいい」
ですが、
(表現があっているか微妙ですが)いわゆるヴィンテージの男くさいガチガチな着用感や見た目を想像して着てみると
どこか品のある現代的な風合いで、また違った「かっこよさ」が・・・

女性スタッフ(小川ちゃん)が愛用しているこのシャルロットもそう↓↓↓

男性の僕からみても見た目の質感や重厚感はヴィンテージのデニムを彷彿とさせますが、
それでありながら女性らしく計算されたすごく綺麗なシルエットなんです!

なぜこのような絶妙なバランスのアイテムが出来てしまうのか。
実はLENOのアイテムたちは女性がデザインされた物なんです。

ヴィンテージを知り尽くした方が生み出すアイテムでありつつも、
女性ならではの感性や発想、女性視点で生み出されたシルエットやデザインは男心も女心もくすぐってしまう。

ムーンロイドスタッフの支持絶大のこのシャルロット。
細く綺麗なシルエットに加えて、足に沿って自然に入るテーパードがほんとに絶妙。
ちなみに、「大きいサイズを・・・」という要望に応えてくださった05,06サイズはMOONLOID別注なんです!!
お好みのサイズ感で楽しめるので、是非試して頂きたいアイテムです!

いかがでしたでしょうか!
魅力たっぷりのLENOの商品はまだまだございますので、
是非店舗にてお試しあれ!!

 

 

メール・お電話でご連絡いただけると、オススメサイズをご案内します!

▼ご連絡はコチラから▼

moonloid.jp
【web shop】
https://www.moonloid-store.jp/

【インスタグラム】

@moonloid_
@moonloid_shop

【MOONLOID 当麻SHOP】
〒078-1316
北海道上川郡当麻町6条東4丁目1-7
📞0166-58-8008
✉moon@moonloid.jp

営業時間 11:00-18:00
定休日 水木曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA