ニットに一生モノがあるとすれば、それはきっとANDERSEN-ANDERSEN(アンデルセン アンデルセン)

ANDERSEN-ANDERSEN(アンデルセン-アンデルセン)は、デンマークのアンデルセン夫妻によりスタートしたニットブランド。

デンマークと言えば古くからニットづくりが非常に盛んな地。
ところが、人件費の高騰や後継者不足から現代ではデンマーク製法のニットは非常に少なくなってしまいました。
そんな中、伝統的なデンマークのニット文化を継承していきたいという想いから、昔ながらの編み方でニットを作り続けているのが、このアンデルセンアンデルセン。

このタートルネックのモデルは、そんなアンデルセンアンデルセンの中でも定番のモデル。
デンマークで昔から着られている船員や漁師、ハンターのニットウェアのデザインにインスピレーションされた気軽に着られる至高のモデルと言えます。
つまり、アンデルセンアンデルセンなら、まずはタートルなんです。

そして、アンデルセンアンデルセンのもう1つの特徴と言えば、袖口の指ぬき仕様。
上半身の末端である手を冷やさない、昔ながらのこのディテールが何とも新鮮であり、実用的。

タートルは折り返しても、折り返さずに長いまま着ても、袖口は指ぬきを使っても、使わずに折り返して着ても楽しめる2WAY仕様です。

ニットは巷に溢れていて、違いと言っても大したこと無いのではないか・・・。
どうせ、1年着たら着られなくなる消耗品ではないか・・・。
ニットに対して、そんなイメージを持たれている方、ぜひ一度アンデルセンアンデルセンのニットに触れてみて下さい。

このニット、100%メリノウールで作られているので、チクチクしにくく保温性も非常に高い。
それはもちろん着ればすぐ分かるのだけれど、手にした瞬間に分かる違いがあるんです。
それは、しっかりとした重量を持っているということ。

ニットを生産する場合、その原料は毛糸ということになり、その価格は糸の種類と重さで決まるんです。
つまり、糸をたくさん使っていれば使っているほどコストもかかるけれど、暖かくしっかりとしている。
しかも、それがメリノウールならなおさらのこと。
もちろん、アイテムや糸の種類によってそのニーズは変わるけれど、保温性を重視するセーターであれば、
どんな糸を使っているか?また、たっぷり使っているか?もしくはスカスカか?というのはとっても大切。

メリノウールを使用しながら、ここまでたっぷり糸を使って丁寧に仕上げられたニット、探しても探しても、なかなか見つからない。
このしっかりとした厚みと重量が、このアンデルセンアンデルセンは桁違いなんです。

確かに、アンデルセンアンデルセンのニットは安くはありません。
ただ、実際に商品を手にしてその品質を実感すると、費用対効果というか、決して高くない、価格とのバランスが取れた良い商品だと感じます。

アンデルセンアンデルセンのニットは、一生モノにしよう!と思わせてくれる。
そんなアイテムと出会える喜びは、とても気持ちいいものだと思います。


ANDERSEN-ANDERSEN アンデルセンアンデルセン メリノウール 5ゲージ タートルネック セーター

ad-011-a.jpg
ANDERSEN-ANDERSEN アンデルセンアンデルセン メリノウール 5ゲージ インディゴ染め タートルネック セーター

数量限定のインディゴ染めは残りわずかです!

************************************

MOONLOID(ムーンロイド)
moonloid.jp

【web shop】
https://www.moonloid-store.jp/

【MOONLOID 当麻SHOP】
〒078-1316
北海道上川郡当麻町6条東4丁目1-7
TEL 0166-58-8008
MAIL moon@moonloid.jp
営業時間 12:00-19:00
定休日 水木曜日

The following two tabs change content below.
スタッフ/ユウ
こんにちわ!はじめまして^^ MOONLOID入社1年目のユウです☆お仕事をしながら学ばせて頂いております!もしかしたら、みなさんの方が詳しいかも?しれないです。。頑張ります!!!! 普段はSNSやメルマガ、在庫管理、実店舗などなど様々な事ををやっています。 実店舗・販売会などでお会いした際にはお声掛けください!嬉しいです! これからもよろしくお願いします^^
スタッフ/ユウ

最新記事 by スタッフ/ユウ (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA