柄に込められたラブストーリー

こんにちは、Nonです(*^-^*)

今日はキャッチ―な、James Mortimer(ジェームスモルティマー)の開襟シャツを紹介します!

https://www.moonloid-store.jp/SHOP/JM2002.html

シルエットもコンパクトでスッキリまとまる、心地の良いシャツ。
暑い夏にサラッと着られます(*^-^*)

使用している生地はタナローン。
このタナローンは、非常に細い糸で編み込まれた上質な綿を使ったコットン生地。
通常の綿花よりも長い、長綿花といわれる種類が使われているので、軽くて薄く、そしてしなやか。
豊かなドレープ性があり、柔らかい肌触りが特徴です。

そして、私が特に紹介したいのが、このポップな柄について!


クレヨンで描かれたポップでチャーミングな軍の音楽隊。


その背景に描かれているストーリーに胸を打たれました…!!!


リバティ社の創業者である、アーサー・ラセンビィ・リバティの旅行記にあった「To My Wife」というメモから着想された、”from London with Love(フロム・ロンドン・ウィズ・ラブ)”シリーズの1つ。


このシリーズは、ロンドンの6つのラブストーリーからインスパイアされたものなのです。

中でもこの Musical March(ミュージカルマーチ)はかの有名な、悪名高いと謳われている王室の愛の物語り。
“ビクトリア女王と、従弟であり夫であるアルバート王子の愛”を描かれたものなのです。


愛が結ばれ、2人の間には17年間で9人の子供が誕生し、可愛らしい数匹のペットに囲まれて暮らしていました。


ビクトリア女王とアルバート王子は、絵画や彫刻、宝飾品からお城までを惜しみなく送り、ここからプレゼントを贈る習慣が始まったといわれています。


しかしその後、42歳という若さでこの世を去ってしまったアルバート王子。
アルバート王子が亡くなった後に、ビクトリアは深い鬱病になり、彼女は残りの人生40年間、めったに公の場に現れることなく、黒いものだけを身に着けてアルバート王子を哀悼しました。


この1枚に描かれているポップな音楽隊には、そういった情熱的なラブストーリーが込められているのです。


柄だけでも可愛いけど、このストーリーを知るとより愛着が湧いてきます。


MOONLOID(ムーンロイド)
moonloid.jp

【web shop】
https://www.moonloid-store.jp/

【MOONLOID 当麻SHOP】
〒078-1316
北海道上川郡当麻町6条東4丁目1-7
TEL 0166-58-8008
MAIL moon@moonloid.jp
営業時間 12:00-19:00
定休日 水木曜日

The following two tabs change content below.
Non

Non

"デニムが大好き!" MOONLOIDのスタッフ ”Nom(ノン)” です!
Non

最新記事 by Non (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA