暖かいダウンジャケットとは? -サイズ・ジッパー・シームレスダウン-

こんにちは!kaiです!
9月の北海道の気温は日に日に下がっていきます。
私たちの住んでいる旭川市の近くの上川町では既に紅葉が始まりました。
昼間はまだギリギリ半袖OKですが、夜は寒いのでストーブを焚きだすことろもちらほら出始めている様です!

それでは、お問合せが多い質問について勝手にお答えするシリーズ第四弾!

第一弾と第二弾では暖かいダウンジャケットの条件について、第三弾では番外編として羽抜けについて書かせて頂きました。

第一弾 暖かいダウンジャケットとは? ダウジャケットの仕組みと防寒力の見抜き方! -フィルパワー×充填量編-
第二弾 暖かいダウンジャケットとは? ダウジャケットの表地に注目! -防水・撥水・防風編-
第三弾 暖かいダウンジャケットとは? 番外編 -羽毛の羽抜けはどうすれば良いのか!?-

今回サイズ感やジッパー、今話題のシームレスダウンについて書きたいと思います!

「ダウンジャケットを選ぶ時のサイズ感はどれくらいが良いの?」
ダウンジャケットは、身体から放出された熱をダウンの空気層に留めることで保温しています。
そのため、タイトなフィット感だと身体に押されてダウンの層が潰れてしまい、温かい空気を溜めておく空気層が減り、せっかくの防寒力が落ちてしまいます。
反対に、大きすぎる場合は身体とダウンジャケットの間に隙間ができてしまい、身体の熱がダウンの空気層に移る前に外に逃げてしまいます。
なので、防寒力という観点からみると、ダウンの空気層が潰れず、身体との隙間もできないフィット感がベストです!
とはいえ、これはあくまでもダウンジャケットの防寒力をMAXに活かす場合の話なので、好みの着用感や普段着るインナーなども考慮して選ぶのがオススメです。

「アウトドア用のダウンジャケットはどうしてサイズ感が大きいの?」
寒冷地用のアウトドアメーカーのダウンジャケットのサイズ感は、大きめに作られているは、中にフリースなどのインナーを着ることを想定しているためです。
反対に薄手のアウトドアメーカーのダウンジャケットがタイトに作られているのは、上に重ねることができる様に、インナーとして作られているためです。
アウトドアフィールドでは気温の変化が激しいのでレイヤード(重ね着)して調整します。
そのため、綿密に計算され、スペックだけでなくサイズ感もフィールドや使い方に合わせて作られています。
反対に、ボリュームがある様に見えても街で着ても暖かくないのは、サイズ感が大きすぎてしまい身体の熱がダウンの空気層に移る前に外に逃げてしまうためです。

「止水ジップってどんなジッパー?」

よくシェルやレインウェアで使用されているジッパー。
普通のジッパーより硬くて開け閉めしにくいと思ったことはないでしょうか。
それは、そのジッパーが止水ジッパーだからかもしれません。
止水ジッパーは、防水生地を使用しているウェアに使われていることが多い、水を通さない特殊なジッパー。
雨や雪が降る時に威力を発揮し、内部への水の侵入を防いでくれるもの。
これがあるかどうかでは大違いなんです。

「最近よくきくシームレスダウンってなに?

メリット →縫い目から水が侵入する心配がない、完全防水。
デメリット→一般的に糸で縫う場合と比べ、加水分解する可能性が高く劣化が早いと言われている。コストがかかる。

今流行りのシームレスダウンは、縫製の代わりに熱圧着を用いたことで縫い目からの水分の侵入を防ぐというすぐれもの。
加工に技術が必要なため、その分価格も高くなります。
例えば激しい雨の日にバイクで高速道路を走るなどの強い水圧がかかる状況下や、特に過酷なアウトドアフィールドなどの特殊な状況では完全防水の方が便利です。
なので、そんな時にはシームレスダウンがオススメです!
ただ、撥水加工が施されている表地は表面張力が働くため、基本的には撥水加工を施した防水生地を使用していれば縫製部分から水が浸入することは、私の経験上ほぼありません。
さらに、縫製で仕上げたものに対しシームレスダウンは加水分解してしまうため劣化が早いと言われているので、日常使いにはシームレス(熱圧着)ではないダウンウェアの方がオススメです。

ダウンウェアは色々な種類がありますが、恐らく、誰にとっても最適のダウンウェアは存在しないと思います。
どんなフィールドで、どんなインナーを着ることが多く、どんなウェアが好みなのかなどによって、着る方のNo.1ダウンウェアが決まるのだと思っています。
ステキなダウンウェアがたくさんあるので、選ぶのも大変だとは思いますが、皆様にとってのNo.1ダウンウェアが見つかります様に!そして、快適なダウンライフをお楽しみください!

日常的に使うのにはどんなダウンウェアが最適か、半分以上を雪の中で過ごす私たちが実際に生活の中で何度も試しながら完成した
最強ダウンジャケットなどをリリースしている北海道発のダウンウェアブランド、NANGA WHITE LABEL MOONLOID EXCLUSIVE EDITIONも併せてご覧いただければ嬉しいです!!

>> NANGA WHITE LABEL(ナンガホワイトレーベル)<<

************************************

MOONLOID(ムーンロイド)
moonloid.jp

【web shop】
https://www.moonloid-store.jp/

【MOONLOID 当麻SHOP】
〒078-1316
北海道上川郡当麻町6条東4丁目1-7
TEL 0166-58-8008
MAIL moon@moonloid.jp
営業時間 12:00-19:00
定休日 水木曜日

The following two tabs change content below.
kai
MOONLOIDの店長kaiです! 最近はANATOMICAのモックネックにドはまりし、毎日の様に着ています。 タックインしやすくて、着心地も柔らかくて、とにかく最高です! あと、甘いものも大好きです!特に和菓子には目がありません・・・!
kai

最新記事 by kai (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA